FC2ブログ

愛知県警お粗末捜査

 被害者の家族としては本当にやる瀬ない気持ちだと思います。怒り心頭、この怒りをどうしたら良いのか、とね。

事件の発端は、2009年7月、被害者の父親が「家を出た娘が帰宅しない」と春日井署に届出ました。

 警察は家出人として受理したそうです。
その後、何日か経過したころ、今回殺人容疑で逮捕された犯人の住所近くの駐車場で被害者の車両が発見

された。被害者の家族は捜査の進展状況、安否情報を警察署に赴き確認にするが何も情報はない旨の返事。

 そりゃ捜査も行ってないのだから情報も何も無いもんな。ええ加減すぎるよな。
困った時の神頼みではないが、「警察に相談すれば何とかなる、発見してくれる」と期待しているのにな。

 被害女性は、行方不明当時35歳。交際中の男性がおり、被害女性の父親はその男性と数回面談していま

した。会話の内容は「娘の居所を知らないか」と尋ねたそうですが、その度に男性は顔色を変えていたそうです。

 いつも思うのじゃがね、何で警察はちゃんと捜査してあげないのだろか。早期捜査着手は証拠も証言等も

新鮮で、緻密な捜査資料が得られ、証拠、証言のねつ造、偽装等もない。
判決で逆転無罪の可能性も低い。そんなことも頭になく手抜き、いや捜査人員や捜査日数が短期間で事件解

決できる実績優先的な感じがする。

 しかし、今回犯人を逮捕できて良かった。被害者の冥福をお祈りすると共に完璧な捜査を行って被害者の無念を晴らしてやって欲しい。


  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR